日本あんしん療法総合学院(NAG)は、整体療法や技術を教える整体学校です。

電話でのお問い合わせ 053-448-3001 9:00~20:00

  • HOME
  • あんしん療法とは

あんしん療法とは

あんしん療法とは

あんしん療法とは

イメージ画像

不健康な人のため、そして自分のため、社会のために最高の仕事をする。
そんな願いを込め、新たな療法「松島式あんしん療法」を立ち上げました。いままでの規制概念を全て取り除いて立ち上がった新たな療法「松島式あんしん療法」。
松島式あんしん療法は痛くありません。痛くないのはもちろんのこと、痛みをその場で取り除く事を主眼に手法を施します。そして痛みを取るのは勿論の事、確かな理論と技術を見事に確立させました。

機能脳科学療法・脳正認識療法 ~あんしん療法~

あんしん療法とは、「脳と身体をあんしんさせて健康改善する療法」と言う意味を込めて、あんしん療法と命名させて頂きました。

また、機能脳科学療法としての意味合いは、物体である「脳」は、物理空間で機能し、心理的、哲学的な面など実体のない心の部分である情報空間で「情報」として脳が機能している事から、脳に対して物理的にも情報空間的にも「あんしん療法」では施術により脳に働きかけ、痛みや不快な症状を取り除くため、機能脳科学療法としました。

「暑い・寒い・痛い・張っている・違和感が有る」など、五感で感じられる3次元の空間を物理空間、人の心が生み出している空間の事を情報空間と言います。これらは一度、情報が脳に入ってから感じる事であることから、我々の脳は、物理空間と情報空間を連続的に存在していると見なしています。
そして、不快な症状は、これら2つの空間から生まれることになり、それらは脳が間違った記憶を認識をすることによって「痛み等の不快な症状」を感じるので、「大丈夫ですよ。」と脳に教えてあげる事により痛みは消失してしまうため、「機能脳科学療法・脳正認識療法」としました。

あんしん療法とは

健康という定義に関しては、様々な方向より長年、思索、考察して参りましたが、様々な思い、願いを込め、当学院が立ち上げました。あんしん療法は、今までの整体にはない画期的な施術方法です。短期間で基礎を修得でき、施術においては、施術者にとっても施術を受ける方にも痛みや負担を感じさせないため、身体に優しく、また力の要らない療法です。
あんしん療法は、老若男女を問わず、赤ちゃんから90歳以上のお年寄りの方まで全ての方に対し療法を施す事が可能です。痛い事を全くしない無痛療法ですので安心・安全を常に心掛け、”いかに痛み等の不快な症状を取り除くか”に特化しています。 各個人の体調は日々刻々と変化します。初日の状態と、二日目の状態、一週間後の状態、一ヶ月後の状態・・、全て、違います。また、その人の性別、年齢、仕事、勉強、スポーツ等色々なものが加味され、その時の症状があるわけです。そしてそれらを全て考慮し、その時の体の状態に応じて最良の手法を行っていくのが、あんしん療法です。

松島式あんしん療法とは・・・
歪みを取る
椎間板の潰れを健康改善する
骨盤と背骨を調節する
全ての関節を円滑に動かす
気の流れをよくする
過緊張を取り除く・・・。

療法の利点をあげれば多々ありますが、何より相手に対して優しいということが最大の利点です。優しい手法は相手に安心感を与えます。とても大切なことですね。
そして自分にも優しい。いくら相手に優しくても、施術者本人に優しくなければ施術者が身体を壊してしまいます。揉んだりする様なことはありません。ですから疲れません。
また、いくら優しい手法であっても、大勢の方の施術を行なっていると、自分の身体がきつくなります。それには原因があります。そうしたものをあんしん療法では極力排除し、楽に施術を行なうノウハウを持っています。そして、それらの手法が不健康者さんの状態に合わせて即座に対応する事ができるのです。

無理なことをしない。
ストレスの多い現代社会では、誰もが様々な身体の不調を感じているようです。どこに行っても楽にならなかった、更にひどくなってしまったという声をよく聞きます。
松島式あんしん療法の施術を受けるとその場で痛みやしびれ、違和感が取れることに多くの方々が驚き、納得し、そして笑顔を見せてくれます。なぜでしょう?
一番の理由は、「矯正をしない」事です。
身体は、無理に押されたり、ボキボキされたり、器具を使用したり、無理な圧力をかけたりすると身体が自然に身構え、堅くなってしまいます。それを「強制(矯正)力」と感じ、守りに入ります。その結果、身体が張り、堅くなってしまいます。これがいわゆる「もみ返し」です。

松島式あんしん療法は、軽く触れたり、軽く揺すったり、気の流れを良くする等、身体をコントロールしている自律神経にやさしく信号を送り、不調を生じている身体を正常な状態に戻す療法です。様々な症例に対し無理な姿勢や動作を取らないので痛みを感じることがありません。
その結果、全身の力や緊張がとれ、不快な症状が健康改善されるのです。又、器具も一切使用せずに施術いたしますので年齢・性別を問わずどなたにでも安心して受けていただけ、その場で症状の改善を実感することができる身体に安全でやさしい手法です。
この療法はまだまだ進化を続けていて、様々な症状に対する施術法が日進月歩で生まれています。
全国で開業しているあんしん療法の先生方が日々研鑽努力を続け、コミュニケーションを取りながら技の研究に取り組んでいるのです。

イメージ画像

痛みの原因

何故、痛み、しびれ、張り、違和感等、身体の不健康な状態が出るのでしょうか?
原因としては様々な事が考えられますが、普段の生活、姿勢、環境、寝不足、その他様々な事が考えられます。そんな時、どの様にしたら、そうした不健康な状態から脱する事が出来るのか?要は、その症状が無くなれば良いのです。

例えば、身体の歪みが原因であれば、どうすれば良い、しびれている場合は、こうすれば良い、張っている場合はこう等、それぞれに対する理論と手法があれば、不健康な状態を健康改善できるわけです。身体が歪んでいるばかりが痛みの原因ではありません。複合的な要素から痛みが出ているかもしれません。痛みの原因、そのような症状を誘発させる条件等をしっかりと確認し、一つ一つ丁寧に優しく原因を取り除いていく、それがあんしん療法です。
イメージ画像
松島式あんしん療法とは、対症療法ではなく自然療法・原因療法・根本療法で自然医学自然医術です。
機械、器具、薬物を一切使用せずに身体の自然な動きを利用して、自律神経に好い影響を与え、反応を引き出すよう働きかけて、身体の内部から心身の健康を引き出す療法です。

あんしん療法は、自律神経との直接対話の療法で痛みや症状の原因を根本から取り除きます。
少しの痛みも危険もなく、安心して受けられます。
手法に時間をかけないほうが効果的で身体にも負担がかかりません。
自然療法ですから、副作用は全くありません。
人間にはココロの脳(大脳・意識の脳)と身体の脳(自律神経中枢)とがあります。無理に自律神経に働きかけるのではなく、正しい状態を指導して、身体の脳に理解してもらい、正常な身体になってもらうのです。

あんしん療法Q&A

あんしん療法では、どんな事をするのか?

一言では言えませんが、色々な手法が取り入れられています。
例えば、歪みを健康改善させるのに、軽く触れる手法、関節を滑らかにする手法、牽引する手法、撫でる手法、気の手法、色々な手法があります。
但し、一つ大切な事は、絶対に無理をしないと言う事です。

解説
無理な手法は身体が嫌がり、危険を感じることで逆に痛みが増し、張ってしまいます。
例えば、次の日、揉み返しがあったという話を聞いた事がありませんか?それが良い例です。これがまた、難しいのです。本当に少しの事で身体は張ってしまいます。ですから、そうならない様にしっかりと練習するのです。
最初に勉強する時に、とにかく力を抜いて施術する事を基本として勉強します。かえって力のない人や女性の方が上手いかも知れません。手法はいたって気持ちが良いです。そのためその場でよく眠ってしまう方がいます。何故寝るかと言えば、痛みがある時身体は緊張しているわけですから、寝る事など出来ません。ところが、その場で身体が健康な状態に健康改善していく為に緊張が取れ、そこで身体を脳が回復させようとして睡眠を取ろうとするのです。
「○○さん、どうですか?終わりましたよ?痛みはどうですか?」と聞くと、「あれ?痛くない!なぜ??」と首をかしげる方が多数いらっしゃいます。もともと身体は治りたいわけですから、正論と言えば正論ですね。
イメージ画像但し、酷い方でなかなか全て取りきれない方もいます。
長い期間、酷く健康を害されていた方では、どうしても痛みが全て取りきれない場合も有るのは事実です。そうした場合には、無理に時間を掛けず、少しずつタマネギの薄皮を取り除く様に施術する様に心掛けます。あまり痛みを取る事に執着し時間を掛けるとかえって張ってしまいます。施術は短い方が効果的です。長ければ良いというものではありません。


痛みが取れますか?

取れます!理論と手法が一致していれば、間違いなく痛みはその場で取れるはずです。
但し、椎間板が酷く潰れていたり、靱帯が伸びている場合、少し時間が掛かる場合もあります。治らないのではなく、健康改善する時間が必要になってくるという事です。

解説
身体は、常に健康でいたいのです。そのお手伝いをしてあげるのが我々施術家の仕事です。
「身体の治る力」を信じてあげましょう。
また、施術を行っていて、施術に来られた別の部位が良くなったと聞く事もあります。
例えば、新聞が良く見える様になった、痔が良くなった等。身体が良くなると言う事は本来、そういうものなのでしょう。
内蔵系統や自律神経系の症状に対しても有効です。
女性であれば、生理痛等がよくある症状です。生理痛は病気ではありません。骨盤に起因していますから、骨盤の状態を良くしてあげるとその場で生理痛が健康改善するのは良くある事です。便秘などの症状も同様です。体幹の歪みがあったり、腰背部の張り等があったりすれば当然、内臓の動きは悪くなりますので、便秘や下痢になったりするわけです。個人差はありますが、必ず、便がきちんと出る様になります。
不眠症や躁鬱の症状等は、頸椎に起因していますから、頸椎の状態を良くすることにより、症状がどんどん健康改善していきます。不眠のような神経の疲れといわれるものは、大抵が自律神経の異常と言われていますが、首や肩、背中が硬くなっている人が多いのです。
また脳に行くべき血液が十分に流れていないと、脳がうまく働かなくなってきます。いくら薬を飲んでも神経症状がよくならない人は、あんしん療法でこの点を改善すればずっと症状が軽くなるでしょう。その他、色々な症状に対してあんしん療法は有効です。



あんしん療法は特にどんな症状に効果がありますか?

痛み・張り・しびれなどに即効果があります。他にもかゆみ・苦しい等様々な症状に対応しています。

解説
まず腰痛・膝痛・肘痛・五十肩のような痛みです。手のしびれ・指の異常・脚の不具合など、手足の症状も健康改善されます。
内臓の病気などが瞬時に健康改善するというわけにはいきませんが、せきや痛みのような症状はその場で健康改善します。あんしん療法を行うと内臓の血行や神経の働きがよくなり、それにより内臓の働きが健康改善するということです。
場合によっては病気の進行を食い止める働きも期待できます。
身体の歪みと内臓の関係は、はっきりと証明されてはいませんが、密接な関係があると思います。


普段やってはいけないこと(注意する点)はありますか?

色々あります。まず、普段の生活習慣が大切になってきます。
普段から歪みの原因となる格好をしたりしないことです。

解説
施術で健康改善しても、完全に良くなったと勘違いして、歪みの原因となる格好を(例えば足を組む等)する方がいますがいけません。自ら身体の歪む様な事をすれば、瞬く間に身体は元の状態に戻り、痛み等の不調な症状が再び出てしまいます。また、完全に良くなった、もう大丈夫だと思って変な格好をすれば、また身体は歪みへと戻ってしまいます。戻り方は人によってさまざまですが、生活習慣やからだのクセが歪みを作っているのですから、それを普段の生活でも気を付ける事が必要なのです。普段から歪みの原因となる格好をしない事です。
そうすると、これまでの身体の状態とは違った状態が少しずつ改善されてきます。
この新しい状態が続くと、健康状態が改善されていくのです。
あんしん療法は自然に身体が変化していくのを促進させ、正しい状態にする事が出来る手法なのです。あとはあなたの身体が変化していくのですから、ご自身で生活習慣に気を付ける事が大切です。その他にも生活上の注意点を、その人の観点から指導します。
注意点を守らなければ、せっかく変化させた身体の健康な状態が無駄になってしまいます。自分で考えいつでも健康で、歪みのない状態を心がける事を望みます。
様々な日常生活での注意点、そうした指導も、我々施術者には大切な事なのです。

健康改善した症例については下記に列挙してありますので、参考として下さい。



適応症例

あんしん療法では、以下のような症状を健康改善することができます。

全身
  • 背骨の歪み
  • 骨盤の歪み
  • 腰、腹部、胸部の緊張
  • 肩、頚椎の緊張
  • 腰椎、胸椎、頚椎の椎間板
  • 頭痛
肩関節
  • 四十肩
  • 五十肩
  • 野球肩
  • 肩こり
  • 肩の痛み
  • 胸郭出口症候群
  • 肩関節亜脱臼斜角筋症候群
  • 上腕二頭筋腱炎
  • 肩関節周辺の筋肉
  • 関節のズレ
  • 筋肉のズレ
  • 筋肉の誤動作
  • 関節軸の修正法亜脱臼
  • 鎖骨
  • 野球肩
肘関節
  • テニス肘
  • 野球肘
  • 腕関節痛
  • 肘周辺の筋肉の緊張
  • 関節の捻れ
  • 筋肉のズレ
  • 関節軸のズレ
  • 二骨間転位
手首・指関節
  • 腱鞘炎
  • 指の痛み
  • バネ指
  • 突き指
  • ドケルバン
  • 肘部間症候群
  • 手首、指周辺の筋肉の緊張
  • 筋肉のズレ
  • 関節の捻れ
  • 関節軸のズレ
  • 二骨間転位
腰部
  • 腰痛
  • ぎっくり腰
  • 椎間板ヘルニア
  • 腰椎分離症
  • 坐骨神経痛
  • 椎間板症
  • 脊柱菅狭窄症
  • 足の痺れ
  • すべり症
  • 背骨の歪み
  • 骨盤の歪み
  • 腰部の筋肉の緊張
  • 腰椎椎間板
  • 腰椎の動作転位
  • 骨盤の動作転位
  • 尾骨
股関節
  • 股関節症
  • 変形性股関節症
  • 大腿骨骨頭壊死
  • 先天性臼蓋形成不全
  • 股関節の転位
  • 股関節の筋肉の緊張
膝関節・膝痛
  • 変形性膝関節症
  • オスグッド病
  • ジャンパー膝
  • 半月板損傷
  • 膝の水
  • 膝関節の筋肉の緊張
  • 膝関節の関節軸
  • 膝関節の捻じれ
  • 筋肉のズレ
  • オスグッド
  • 靭帯
  • 半月板損傷
足関節
  • 捻挫
  • 足底痛
  • 魚の目
  • 外反母趾
  • 巻き爪
  • 有痛性外けい骨
  • 足関節
  • 足底の筋肉の緊張
  • 足関節の関節軸
  • 捻挫の解消法
  • 二骨間転位の解消法
  • 肉離れ
  • 打撲
  • シンスプリント
胸背部
  • 肋間神経痛
  • 背部痛
  • 胸椎の歪み
  • 胸椎の椎間板
  • 胸背部の緊張
  • 胸椎の動作転位
呼吸
  • 呼吸の障害
  • 喘息
  • 肋骨の動作不調
  • 呼吸拡大

※上記以外でもその他多くの症例に対応できます。



  • 資料請求
  • メールでのお問い合わせ

有限会社NAG

〒432-8021 静岡県浜松市中区佐鳴台3-33-20
info@nag-a.jp
TEL/FAX 053-448-3001

附属治療院 あんしん堂

スマートフォンサイト

Copyright © 日本あんしん療法総合学院 All rights reserved.